車査定サイトを通して査定を申し込み

車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税の還付に関してです

査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、いよいよ実車の査定をしてもらうことになるわけですが、この時、手元に用意しておきたい書類があります。

車検証、及び自賠責保険証書で、所在の確認を行いましょう。

査定の日が近づいてきてからバタバタと慌てなくていいように、自動車納税証明書など、売却の時に提出するいくつかの書類がありますから、それと共にきちんと準備をしておいた方がいいでしょう。

これらの書類の所在がどうしてもわからない、見つからない、なくしてしまったといった場合、再発行の手続きを行わなければなりませんし、余裕を持って揃えておくようにしましょう。

買取を利用する際に、web査定がよく用いられています。

一括査定なら自宅のパソコンやスマホ一つで複数社の買取額を比較することができます。

ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、現実の査定ではより低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。

それから、事前の査定では高い金額を見せて惹きつけておき、出張査定ではそれよりずっと安い額を示して、売るまで帰らないような悪質な業者があるため、くれぐれも注意しましょう。

下取りで車を引き取ってもらう時には名義変更の書類、手続きが必要となるため、きちんと書類をまとめとくのが大事なのです。

名義変更の手続きの場合は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使用します。

そのほかに、譲渡証明書に印鑑を押すために実印も持ってきましょう。