愛車を査定に出したら、契約した後に減

月々のローンの返済がまだ残っている場合でも全く車

愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、または取引の後に、こっそりと減額されていたという話を時折耳にします。

車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。

売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、減額する可能性があるという事を教えられていたか、加えて、どのような理由から減額するに至ったかによって相手に求められる対応は変わることになります。

ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら一度、買取をキャンセルしてしまうのが良いでしょう。

車査定をする場合、店舗に直接行ったり、業者のほうから自宅へ足を運んでもらうのが一般的です。

なお、メールでの査定を行っている業者もあります。

この場合、車買取業者と直接やりとりをしなけらばならないため、非常に手間ひまがかかり面倒です。

中には、何回も営業をかけてくる業者もいるので、いい加減にうんざりだと思うこともあるでしょう。

査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、今度は、車の実物を業者に査定してもらうことになりますが、この時、手元に用意しておきたい書類があります。

自動車検査証、いわゆる車検証ですが、これと自賠責保険証書です。

査定の日時が決まって、そこからバタバタと慌てなくていいように、売却時に準備しておきたい各種書類と一緒にまとめてきちんと準備をしておいた方がいいでしょう。

これらの書類の所在がどうしてもわからない、見つからない、なくしてしまったといった場合、再発行ということになりますので、物によっては時間もかかります。

必要書類はくれぐれも早めに揃えておくようにしましょう。