事故歴のある車の場合、車査定では、査定が下がることになるで

車を売る時には、たくさんの書類が必要です。いくつか例を挙げ

事故歴のある車の場合、車査定では、査定が下がることになるでしょう。

とは言え、事故車である事実を伏せているようなことは思いとどまった方が賢明です。

なぜかと言うと、嘘をついた後に事故車であるとバレて一悶着おきる事が多々あるからです。

車買取業者は、それを生業にしているので、事故車であると認めなくてもやがて事実は明らかになります。

心の平静のためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

一般的に、車査定をする場合には、まず、走行距離を確認されるでしょう。

査定の中でも、一番重要な査定ポイントはそれまでの走行距離といわれているくらいです。

10万キロを超えた車が、買い取ってもらえるかどうかはその車によって異なりますが、なかなか困難なことです。

とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車やマニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がるという話もあります。

車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。

ただ、査定前にきれいに掃除はしておきたいものです。

車の中は、初めての人を招くのと同じ気持ちで掃除すれば大丈夫です。

トランクルーム内の物品はどかしておいてください。

屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。

軽いシャンプー洗いくらいで構いません。

いつもより頑張りすぎることで失敗するというのはありがちですが、塗装に傷がついたり色ムラになることもあるので、あくまでも清潔感を目指してください。

ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。

時間があれば、ニオイなどが残らないよう充分換気しておくのも大事です。