車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古

この頃では、出張で査定をするカーセンサー車一括査定業者がほとんど

車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。

でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、処分しようという車の年式や車種などによって買取業者のほうが利益が出る場合があります。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。

30万円以下なら現金払いもできるそうです。

ともあれそのお金で早々に新車を購入しました。

ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。

ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。

「車査定のことを知りたい」ということで検索をかけてみると、いろいろな情報と共に多くの口コミも見つかるはずです。

思いがけずいい値段がついて良かった、というものがあったり、利用した業者の対応に不満がある、腹を立てているといったような、ネガティブイメージを増幅させるものなど、ピンからキリまで、と言っていい程に多種多様なのです。

どの一括査定サイトが使い易いかなどというものもあり、参考にするのもいいでしょう。

こういった情報はもちろん読むべき価値のあるものも多いわけですが、誰でも責任なく書き込める口コミは、いわゆる噂話みたいなものなので、そう容易く信用せず、気楽に読み飛ばすのが賢い利用法なのかもしれませんね。

車を売却する場合、高く売ることができる時期や、タイミングを逃さないように十分気を配っておくことが大切です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算のあたりは車を高値で売ることが可能です。

そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。

こういったように、車を高価格で売るには、時期を考えるのも必要となるのです。