車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプ

所有する車を売りに出そうと決定したのならば、最初にした方が良い

車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプラスとなります。

走行した距離が多い方が車が劣化するからです。

そうではあっても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギですから、走った分はもうどうしようもないです。

この後からは、車を売ることを頭に入れておき無駄には走らないようにすることをお勧めします。

中古車の下取りに必要になってくる書類は、なんといっても車検証です。

もしこれがないと、下取りしてもらえません。

ちなみに、フェリー乗船の場合にも必須です。

車検証というのは、すごく大切な書類です。

大切に保管しておく、必要があります。

また、整備記録などがあれば、下取り価格がアップすることもあります。

車が事故に巻き込まれていた場合、十分に修理をした後も査定を受けても、事故にあう前に比べて査定価格が大幅に低下することを査定落ちと呼ばれています。

格落ち、評価損とも言われています。

しっかりと直して、性能面においては問題がなくても、事故車両という嫌な印象だけで査定落ちをすることが無きにしも非ずです。