車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するとき

車買取業では名義変更などの手続きを代わりに行っている

車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。

通常は売主ではなく買主側で手続きしますので、その代行手数料を払います。

払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。

代行手数料は査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。

相殺しないときは契約書にサインしたのち、別に支払うこともあるので、事前に確認すると良いでしょう。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。

長く乗っておらず、車検切れになってしまった車だとしても、買取業者に買取を依頼する分には問題ありません。

無理に車検を通したところで、費用分を補うほど価格が上がることは無いに等しいので、出張査定に来てもらってそのまま買取に出す方がいいです。

廃車の手続きを行うにしてもお金もかかるし手間も面倒なので、遅くならないうちに査定をお願いして、ちょっとでも価値が残っている間に手放せれば得ですよね。

車を売ろうと考えたときに気をつけておきたいこととして、契約を交わしたあとで、当初の買取額から下げられてしまったり、車の代金を業者からなかなか支払ってもらえないというようなトラブルについてです。

トラブルに遭って大変な目に遭わないためにも、査定業者の選択は、十分良く考えて行いましょう。

また、買取査定のときにはウソをいってしまうとトラブルの原因となってしまいます。